Archive for 4月, 2010

スタッフ紹介

金曜日, 4月 30th, 2010

今日は林屋のスタッフの一員をご紹介したいと思います。

痛々しい姿で初登場です!!

 名前はベリー ♂(男性)

名前の由来は社長の娘さんが、ストロベリー・ラズベリー・ブルーベリーが大好きだったことからこの名前がついたそうです^^

勤務するようになって、7年 犬の年齢で言うと50歳近い大ベテランのスタッフです。

お店の向かい側の駐車場で番犬をしてくれていますが、猫や小鳥にえさを分け与えるとっても人?の良いやさしいベリーです。

お店にご来店の際には、ぜひ、ベリーと声をかけてあげてください。

お店の向かい側から笑顔でご来店をお待ちしておりまーす。

モロコ入荷しました

水曜日, 4月 28th, 2010

こんにちは^^

今日はモロコという魚が入荷しましたのでお知らせします。

くせがなく食べやすい魚で、昨年はまったくとれなかったモロコですが、

今年は手のひらサイズの大きめなものも入荷しました!!

から揚げにしてポン酢などでお召し上がりになっていただくのがおすすめですので、

是非、一度ご賞味くださいね^^

販売価格は 200g・・・525円となっています。

下萌え

月曜日, 4月 26th, 2010

草木が芽を出す。これを下萌えと言うそうですが、

林屋の店先や、空き地の大地にも草木の命の誕生の発見がありました。

こうした命の初動を発見する歓びの季節の今、

身近な所にある草木や花に目を向けて見るのはいかがでしょうか^^

シマドジョウ入荷しました

木曜日, 4月 22nd, 2010

先日ご紹介したシマドジョウ

勤続年数24年になる林屋の従業員の江面さんが獲ってきてくださいました!

江面さんはなんでもオールマイティーにこなす、林屋のお父さん的存在なんです^^

シマドジョウ↑            江面さん↑

シマドジョウに関するご質問・ご不明な点がございましたらコメント欄からでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

もちろん、お電話からも受付ます!

地元産 どじょう再入荷

月曜日, 4月 19th, 2010

ぽかぽか日和の本日は

またまたどじょうのニュースです。

どじょうとり名人の菅谷さんが総重量15㎏の大量のどじょうを持ってきてくださいました

最近は中国産のどじょうが出回っているようですが、

こちらは正真正銘 地元でとれた国産の天然どじょうです。

ご注文はこちらです↓

http://www.nasu-hayashiya.co.jp/shohin/ki-2.html

と、どじょうの中に、地元ではスナサビやスナハビとも呼ばれている一匹のシマドジョウの姿を発見。

お店のレジ脇のガラスの瓶に場所を変え、かわいらしい姿でお客様を出迎えてくれていま~す。

恥ずかしがり屋さんなので隠れている時もありますのが、お店にいらした時には

ぜひ覗いてみてくださいね^^

このシマドジョウは春にしか入らない貴重な魚です。どじょうよりもくせがないので、ぜひ一度御賞味くださいませ。

入りましたらブログでお知らせしますので、こまめのチェックをよろしくお願いします。

稚鮎(若鮎)のスカベッシュ

金曜日, 4月 16th, 2010

こんにちは 今日は有限会社フードピア日光さんが林屋の稚鮎(若鮎)を使用して

スカベッシュ(南蛮漬け?)の試食を送ってくださいました^^

早速みんなでいただいてみました。

写真の通り見た目も色とりどりで食欲をそそられますよね^^

玉ねぎ・パプリカがはいって、お味の方も期待通りのおいしさで、サラダ感覚であっという間に完食してしまいました。

お家でもニンジンをいれたりとアレンジして、ドレッシングであえれば簡単に作れそうですので、是非、チャレンジしてみてください。

稚鮎の方は、ネットでも冷凍販売していますのでご利用お待ちしています。

本日登場!!初どじょう

木曜日, 4月 15th, 2010

 

こんにちは^^ 

ここ林屋の周辺でも桜が満開を迎え いつもの風景もまた違った装いで

すっかり春めいてまいりました~

そして・・・・ 本日!! ほんの500gのどじょうが店頭に今年初登場いたしました。

これから暖かくなり、田んぼの水が動き出すとたくさんのどじょうが入荷しますので

みなさまの御来店を林屋スタッフ一同心よりお待ちしていま~す。

もちろん 発送の方も承っていますので、宜しくお願いします。

鮎のうんちく

水曜日, 4月 14th, 2010

『天然鮎の条件とは』

川から水揚げされる鮎のことをすべて「天然鮎」というのは正しくありません。

なぜなら、国内の多くの河川では、春(3~5月)に人工種苗もしくは琵琶湖産の稚魚を放流しているからです。林屋ではこれらを「放流もの」と呼び、海から遡上してくる天然鮎とは別扱いにしています。

国内の河川の中でも那珂川の天然率は非常に高く、およそ9割が天然鮎という調査結果が発表されました。栃木県水産試験場では1994年6月~10月にかけて、黒羽、小川、烏山、茂木の4地区で、漁業関係者が友釣りで釣った鮎を15日おきにサンプリングする一大調査を実施。釣り上げた鮎をくわしく調べた結果、9割が天然遡上の鮎と判別されました。この調査により、那珂川の鮎の生産力の多さに驚くとともに、さまざまな種類の魚が豊富に生息する関東屈指の清流であることがはっきりしました。

『鮎は栄養価の高い理想的な食材』

鮎は栄養価が非常に高い魚です。良質のタンパク質はもちろん、カルシウムやリン、鉄分が豊富で、ビタミン類もバランスよく含まれています。100グラム中に18グラムほど含まれるタンパク質は、煮ても焼いても変化しません。1匹食べるだけで成人が1日に必要とするタンパク質量の4分の1を摂取できます。

また、人体構成に必要な必須アミノ酸の含有量も理想的です。

シダレザクラ

火曜日, 4月 6th, 2010

こんにちは、今日は林屋から車で2分位の場所に 名木と呼ばれるシダレザクラが綺麗に咲く場所があります。

そちらへ、足をのばして行ってきました。

 

推定樹齢。。。。なんと250年!!

 

驚きました!!

 

この長い年月をかけて、今もなお、花を咲かせ私達の目を喜ばせてくれてるのですね・・・・

 

『はなぐもり』という言葉を聞いたことがあると思いますが、

『はなぐもり』の『はな』はさくらのこと。

このさくらの花が咲き乱れるころの曇り空が『はなぐもり』というそうです。

春の天候は変わりやすい上に、開花時期の短いさくら。。。。

その限られた時間に咲き誇るさくらを 自分の目で 確かめたいものです。

 

 

 

林屋の若鮎ちゃん

金曜日, 4月 2nd, 2010

今日は 鮎の選別をしている養殖池へ行ってきました!!

 

 

 

 

 

 

人間でいうと幼稚園生ぐらいの 元気な子供たち!!(若鮎)がピチピチと体をはねらせ、動き回ってましたよ^^ 

 

 

 

 

もう少し時期をおき、

5月のGWの頃にはもう少し成長した若鮎ちゃん達を、塩焼きにし店頭で販売開始されますのでお楽しみに!!

若鮎の塩焼きは、身がとってもやわらかくとっても美味ですし、

その時期でしか販売されない限定商品になりますので、是非 足をお運びくださいね^^

ブログの方で販売開始の告知をしますので、こまめにチェックをお願いします!