竹串ができるまで~乾燥編~

先月、男性陣が山から切り出した竹のその後をご紹介します!

この時期は、串工場で5工程を経て、細く割った竹を

天気の良い日に写真のように広げて川原で数日間しっかりと乾燥させます。

天気予報と相談しながらの作業で、

天気が急変してしまうと、さらに数日延長して乾燥させるようになってしまいます。

こうして乾燥させた竹をこの後再び串工場へ運び、長さ別に短く切る工程にすすみます。

Leave a Reply